2015年

7月

26日

意識を変える


 

家には、テレビがないので、私の情報源はもっぱらラジオです。

 

 

 

今朝のJ-Waveに、ピープルデザイン研究所の須藤シンジさんが出演されてました。

 

 

 

「意識のバリアフリー」を謳ってらっしゃる方です。

 

 

 

20年ほど前、自身のお子さんが小児麻痺で生まれてきたことをきっかけに、

 

 

健常者と障がい者を分ける考え方に疑問を感じ、

 

 

障害の有無を問わずにハイセンスに着こなせるアイテムや、

 

 

障害者を街に呼び込む為の各種イベントをプロデュースするようになったそうです。

 



 

須藤さんが「意識のバリアフリー」について、たとえ話で説明してくれました。

 

 

 

 

 

須藤さんが子供のころ、眼鏡は医者の診断を受けて作るもので、

 

 

牛乳瓶の底のようなレンズだった。

 

 

この眼鏡をかけて学校に行けば、必ず「ガリ勉君」と言われ、

 

 

今後、異性からモテることはなくなり、絶望しかなかった。と笑いながらお話されました。

 

 

 

でも、今では、ファッションアイテムとして、おしゃれなビルには必ず眼鏡屋さんが入ってます。

 

 

車いすなどにも、メカニックなカッコよさを感じてもらえるように…



そのような変化を起こしていきたい。

 

 

 

とのことでした。

 

 

 

 

 

医療器具であり、当時はダサいとされた眼鏡が、今やアイウェアと呼び名も変わり、

 

 

ファッションに欠かせないツールとなりました。

 

 

私も、メガネ男子にはすこぶる弱いです(笑)

 

 


 

モノに対する意識、価値観や概念に対する意識。

 

 

みなが、幸せになるような方へと変化することを期待したいですね。







にしても、『偏見』って、どうすればなくなるんでしょうね…。






かたづけ部メンバー募集中

入部希望の方はこちら

(できれば、3名一組で応募してね)







0 コメント

2015年

7月

05日

早いもので…

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

04日

威儀即仏法


増上寺で脳科学者の中野信子さんと曹洞宗の吉村昇洋さんのトークイベントがありました。

 

そこで、

 

威儀即仏法 作法是宗旨

(いぎそくぶっぽう さほうこれしゅうし)

 

ということばを知りました。

 

簡単に言うと、

 

『身なり、所作を整えることが仏法そのものである』

 

ということらしいですが、吉村昇洋さんの説明では、

 

『自分の身なりが、そのまま仏の姿である。』

 

でした。

 

仏さまは自分の中にあると説く仏教では、

 

「ほころびのある身なりをしていれば、それは、仏さまをそのように粗末に扱っている」

 

ということになると私は理解しました。

 

この話が出たきっかけは、先に中野信子さんが、潜在的自己評価について語ったことなんですが、

 

「みすぼらしい恰好をしている人は、自分自身を無意識にそのように評価している。

 

逆に、

 

世の成功者といわれる人たちに共通して言えることは、身なりをきちんとしている。」

 

ということでした。

 

この現象を脳科学的には、まだ、証明はできていないが、経験則としてわかっていることらしいです。

 

これって、部屋の中を散らかった状態にしている人も同じく、

 

自分自身を部屋と同じように思っていると考えられますよね。

 

部屋の状態は心の状態とよく言われてます。

 

混沌とした自分の心の状態が部屋に投影されていることもあれば、

 

「散らかった汚い部屋が私にはお似合い」と潜在的に思ってい場合もある。

 

 

服装や部屋にかかわらず、潜在的自己評価の影響を日常的に経験していると思います。

 

例えば、

 

小市民の私は、青山などの超高級ブランドの路面店に入るのは、非常に勇気が要ります。

 

勇気を出して入ってみても、その洗練された空間に居心地の悪さを感じ、

 

そそくさと退散するのがオチです。

 

好みの問題もありますが、

 

ハイレベルすぎて、あるいは、素敵すぎて自分に似つかわしくない場所にいても落ち着かないし、

 

自分より社会的地位のはるかに高い人たちとは長時間いることはできないですよね。

 

場違いな感じってヤツです。

 

でも、潜在的に自分自身をそれにふさわしい人間と評価していれば、

 

自分にお金があろうがなかろうが、ブランドが趣味であろうがなかろうが、

 

人からGUCCIのお店に入れと言われれば、躊躇することなく入れちゃうし、

 

ハイソな方たちとだって臆することなく付き合えるわけです。

 

 

と、いうことで、私も潜在的自己評価を上げるべく、

 

ゴールデンウィークを部屋を整える時間に充てたいと思います。

 

 

 

 

 

かたづけ部メンバー募集中

入部希望の方はこちら

(できれば、3名一組で応募してね)

 

 

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

05日

モノを大切にするということ



『もったいないから…』という言葉。



捨てられない理由によく使われます。



私も、



「まだ使えるし、きれいだし、高かったら、捨てるのもったいないな~。」



と思うことは、よくあります。



でも、本当にもったいないのは、「使えるのに使っていないこと」の方。




使わないなら手放してあげるのがモノのためでもあるんですよね。







ネグレクト



児童虐待のことで、具体的には育児放棄のことを言いますが、



私は、モノを使わずに放っておくこともネグレクトだと思うんです。



モノは使ってなんぼのもん。



カレン・キングストンは、がらくたからは鬱積したエネルギーが出ている



といいます。



ちなみに、カレン・キングストンの言うがらくたとは、



好きではないモノ、使っていないモノ、未完成なモノ、整理整頓されていないモノを指します。




虐待された子供たちが反社会的行動に走ってしまうように(そうならない人もたくさんいらっしゃますが)、



モノだって、ネグレクト受けるとそれなりのエネルギーを放つようになるのも納得できます。




人は、その人が持つ特性や能力、才能、資質を大いに役立ててあげると、



その人自身が生き生きとしてきますよね。



モノだって、同じだと思うんです。




組織が、社員のそれぞれの特性や能力を上手に生かすような運営をすれば、



経営だって右肩上がりになるはず。



モノも、モノが持つ機能、美しさ、便利さを生かさすと、



モノからよいエネルギーが得られるんですね。






『組織』という言葉が出たんで、ついでに…。



バブルがはじけて、リストラがたくさん行われたころ、



自ら退職願いを出すように仕向けるために、



会社は、仕事を与えず、一組の机と椅子だけを置いた狭い部屋に閉じ込めておく



という手段をとっていたことが話題になっていました。



本当に、そんなんことが行われていたのかは、確かめたことはないのですが、



人の精神を追い込むには、非常に効率的なやりかただと思いました。



仕事しなくてお金もらえるなんて、ラッキ~♡と思えたら、



あなたは、強靭な精神の持ち主。



そのまま人生を謳歌していただきたいですが、



ほとんどの人が、無価値なモノとして扱われたことに、



心は傷つき壊れていくでしょう。





モノを捨てずにとっておくが、どこになにがあるかもわからない状態なら、



社員の飼い殺しと一緒ですよ。



捨てずにとっておくことが、モノを大事にしていること



という考えは、手放しましょう。



むしろ、非常にむごい扱いをしていることに気づいてください。



それは、人からのプレゼントや思い出のモノも一緒と考えてね。






使ってない、でも、どうしても捨てられない…というモノは、



まず、無理くり使ってみましょう。



使ってみて、すぐに、また使うようなら、



それは、あなたにとって必要なモノ。




一度使ってみたが、次、使う気になかなかなれない、使うのが億劫…



というなら、手放してあげましょう。



その時、どうしてこれを使わないのか?という理由も解明できたら、



次に同じような特性を持ったモノは買わなくなり、無駄な出費や廃棄をしなくて済みますよね。






私の場合、洋服が好きで、よく購入するのですが、



買ってもすぐに、着なくなる服があります。





それは、ポケットがついていないモノです。



特にスカート、ワンピースは、ポケットがないと、



どんなにかわいかろうが、自分に似合っていようが、



着なくなってしまいます。



そこに気づくまで、結構、同じ失敗繰り返してました。



無意識とは、ほんと恐ろしいですね(汗)



捨てる前にちょっと立ち止まって、なぜ、使わないのか考えてみるといいですね。






今でも、時々、ポケット付いてないけど、すっごいかわいいから買っちゃう!!



なんてこと、着なくなるのわかっていてもやっちゃってます。



そんなとき、どんな服にでも後付できる万能ポケットがないかな~



なんて考えながら、泣く泣く手放すのでございます。







 

かたづけ部メンバー募集中

入部希望の方はこちら

(できれば、3名一組で応募してね)





0 コメント

2015年

4月

03日

ベタですが…


この時期、桜の画像をアップする人、

 

ごまんといらっしゃることと思いますが、

 

私もご多分に漏れず、アップさせていただきます。

 

 

 

さて、

 

 

4月に新たに年が始まるわけですが、

 

 

みなさまの生活に変化はありましたか?

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

21日

リニューアルしました

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

06日

2015年も3月になりましたね


朝時間。


朝日のさす部屋で、朝食を食べながらまったり過ごすのが、


monoにとっての至極の時間です。


春になり、朝時間が幸せに感じる機会もより増えてきますよね。



で、最近購入した折りたたみのテーブルのおかげで、



monoは、さらに、自分の部屋が好きになっております。







続きを読む 0 コメント

2014年

9月

24日

映画365日のシンプルライフ


 

自営仲間と映画を観に行ってきました。

 

モノに依存し、部屋をモノで支配されている方には、超おすすめ映画ではありますが、

 

私には、必要ないかと考えておりました。

 

ところが、どっこいです。

 

なかなかの映画です。

 

おしゃれな感じもあり、笑いあり、涙あり。

 

映画全体を通して、ほのぼのとした空気感が漂い、

 

それでいて、心に残るシンプルな言葉たちが

 

おばあちゃんや小さな男の子の口からこぼれてきます。

 

 

小さな映画館は、満席。

 

 

来ているお客さんも、個性的で魅力的な人が多かったです。

 

 

 

 

いろんな意味で感性を刺激された映画でした。

 

 

 

 

 

かたづけ部メンバー募集中

入部希望の方はこちら

(できれば、3名一組で応募してね)

 

 

 

0 コメント

2014年

9月

13日

道具って大事


 

仕事上、電動ドライバーは、我が家では非常に活躍してくれます。

 

 

今日も使えなくなったパソコンを分解するために使用しました。

 

 

仕事は早いし、使っていて面白いというか、気持ちいいというか…。

 

 

 

本当に自分に必要な道具を手にすると幸せですよね。

 

 

 

 

かたづけの苦手な人は、モノはたくさん持っているけど、

 

 

本当に必要なモノは持っていない

 

 

と、よく言われます。

 

 

 

 

捨てられない人の思いとしては、

 

 

「いつか使うときが来るかもしれないから」

 

とか、

 

「いざという時に、ないと困るから」

 

 

という、危機を回避するためのリスクマネジメントのつもりのはずが、

 

 

まったく機能してないという、なんともトホホな結果に。

 

 

 

人の心理って、何の疑問も持たせずに不合理な行動をとらせちゃうのが、

 

 

すごいと思うんです。

 

 

一円でも安い野菜を買うために、交通費払ってお店に行っちゃうとかね。

 

 

 

 

かたづけ部メンバー募集中

入部希望の方はこちら

(できれば、3名一組で応募してね)

 

 

 

0 コメント

2014年

9月

07日

気の迷い


 

凸ヨシダはお料理が大嫌いですが、

 

 

たまに、こんなことしてみたりします。

 

 

と、言っても、野菜をお皿に盛るだけですけどね。

 

 

でも、それさえも、ヨシダにとっては超ー面倒くさい作業です。

 

 

モノが少なくて、片付けも掃除もすぐに終わってしまうので、

 

 

特に趣味のないヨシダは、嫌いなことに挑んでみたりしてます。

 

 

 

 

monoのお客さんの中にも、モノが減り、部屋がきれいになってきた時に、

 

 

「最近、お化粧をするようになりました。」

 

 

と、うれしいお言葉をいただたことがあります。

 

 

化粧っ気がなくても、十分に美しいお顔が、

 

 

さらに、生き生きと魅力的なお顔になってました。

 

 

メイクの力というより、自分自身に手間をかけれるようになった精神的余裕が、

 

 

彼女をより魅力的にしたんだと思います。

 

 

 

部屋が変わると自分も変わる。

 

 

 

 

自分を変えたい方は、是非、お部屋から…。

 

 

 

 

 かたづけ部メンバー募集中

入部希望の方はこちら

(できれば、3名一組で応募してね)




 

0 コメント

2014年

9月

06日

かたづけ部で思うこと


 

8月のくそ暑い中、我が家でかたづけ部活動を実施しました。

 

暑い中、参加いただいたメンバーの皆さん

 

ホントにありがとうございました。

 

 

実際に凸ヨシダの収納方法やモノの量などを見ていただき、

 

なんらかの気づき、学び、刺激、反面教師などなど

 

持ち帰っていただけたのでは…と思います。

 

 

 

かたづけが苦手な方は、部屋をキレイにしているお友達のお家に、

 

に行かれるといいと思います。

 

逆に、

 

自分の家より散らかっているお家に行かれいても

 

よいかもしれません。

 

 

いいとか、悪いとかではないんです。

 

普段見慣れている自分の部屋とは違う景色を見る。

 

すると、新鮮な何かを感じることでしょう。

 

本や雑誌の写真では、決して得られない感覚です。

 

それは、きっと、かたづけへの原動力になるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

かたづけ部メンバー募集中

入部希望の方はこちら

(できれば、3名一組で応募してね)

 

 

 

0 コメント

2014年

8月

02日

クラシック音楽を身近にしてくれる人

続きを読む 5 コメント

2014年

7月

25日

かたづけ部始動

 

 

 

 

かたづけ部第二回が行われました。

 

 

 

場所は新宿にあるカフェです。

 

 

 

参加者5名。

 

 

ちょうどよい人数です。

 

 

 

 

みなさんがお互いの話を聞き、それぞれが気づきにつながる感じ。

 

 

 

とても楽しい時間です。

 

 

 

 

 

みなさんの話を聞いていると、

 

 

 

かたづけって、技術ではなく、やはり、こころだな…と、つくづくと思います。

 

 

 

技術や知識だけでは、かたづけることはできません。

 

 

 

まずは、自分のこころを見つめなおす作業をしなくては。

 

 

 

その役目を果たすのが、かたづけ部の活動。

 

 

 

みんな、学生時代の部活動を思い出して、

 

 

仲間と一緒に楽しみながら前に進んでもらえたら嬉しいな。

 

 

 

 

 

 

かたづけ部参加グループ募集中 

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

23日

陰陽五行で暮らす

 

 

 

薬膳料理家の松谷まさこさんの講習会に参加してきました。

 

 

薬膳といえば、やはり、中国哲学陰陽五行がベースとなっているわけで、

 

 

風水とも密接につながっています。

 

 

 

 

陰と陽

 

 

そして、

 

 

5種類のエネルギーの質の違いと特性を知り、

 

 

目に見えないモノ、見えるモノ、

 

 

存在するすべてのモノの相性を考えて、最高の状態を作り上げるのが、

 

 

人間の役目かな…とmonoは考えます。

 

 

 

薬膳では、食材同士と食べる人との相性。

 

 

風水では、空間とその中にあるあらゆるモノや方角や住む人との相性。

 

 

 

 

 

 

 

人間同士の相性もそうですが、

 

 

すべてにおいて、その特性と相性を知ることで、調和が生まれるのではないかと

 

 

思う今日この頃です。

 

 

 

 

松谷まさこさんの薬膳講習会に興味のある方は、こちらへ

 

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

08日

かたづけ部発足

続きを読む 0 コメント

2014年

1月

01日

2014年がはじまりましたね

 

 

あけまして

 

おめでとうございます

 

 

 

 

昨年は、今まで以上に時が速く過ぎ去ってしまった感じがして、

 

 

ほぼ記憶がない状態です(汗)

 

 

 

私、いったい何をしていたんでしょうか?

 

 

 

ま、日ごろから記憶力はないし、過去を振り返ることにも魅力を感じないので、

 

 

目の前のことに集中するだけ…

 

目の前の人を大切にするだけ…

 

 

と思って日々精進したいと思います。

 

 

 

 

みなさま、今年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

mono

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

10月

05日

引っ越しました

キッチン

 

 

 

 

以前のアパートよりかなり広くなりました。

 

 

と言っても20平米くらいしかありませんが…。

 

 

それでもキッチンが広くダイニングテーブルを置けました。

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

9月

08日

大きなおもちゃ

外観

 

 

引っ越しします。

 

 

今回、初の木造アパートです。

 

 

続きを読む 2 コメント

2013年

8月

17日

ポット

保温保冷ポット

 

 

冷蔵庫なし生活も2回目の夏を経験。

 

 

東京も暑いですね。

 

 

九州生まれ、九州育ちの私ですが、暑さに弱いです。

 

 

ついでに、寒さにも弱いです…。

 

 

要するに、根性無しです…(汗)

 

 

 

 

 

暑い日は、冷たい飲み物で気分を回復させたい。

 

 

ノン冷蔵庫の私の場合、近くのコンビニから氷を買ってきて、保冷ポットに保存してます。

 

 

都度、飲みたい量だけポットに水を入れ、すぐに飲み干すようにして、常に氷だけにしておくと、

 

 

2日くらいは、なんとか残ってます。

 

 

かなりこの方法が気に入っておりまして、最近、さらにポットを増やしました。

 

 

お客さまがいらした時に、2種類の冷たい飲み物が用意できますし、

 

 

ポット自体もかわいくて、見ているだけでかなり気分が上げ上げです。

 

 

つくづく「買ってよかったな~」と思います。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

09日

牛です

ハラコマット

 

 

 

今の部屋を変えたい!!

 

 

 

そんな欲求が強くなり、さらにモノを減らし、部屋をスッキリさせることに意欲を燃やしていましたが、

 

 

 

突然、「ハラコの本革マットが欲しい!」

 

 

 

と物欲の方に意欲がシフト(汗)

 

 

 

昔から、欲しいと思っていたモノですが、動物の皮と思うと、なんとなく気も引ける。

 

 

 

罪悪感のようなものも湧いてくるので、そんな思いを長い間封印していたのですが、

 

 

 

今回、友達がやさしく背中を押してくれたおかげで、思い切って購入。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

07日

たべるダケ

カレー

 

 

 

最近、ドラマの「たべるダケ」にはまっています。

 

 

主演の後藤まりこさんの不思議な魅力のとりこです。

 

 

かわいいですよね~。

 

 

 

 

このドラマの見どころは、食べるシーンなのですが、

 

 

決して上品とは言い難いのに、なぜか美しい…。

 

 

そして、エロティック。

 

 

ドラマなので、演技力・撮影技術・演出などさまざまなテクニックのたまものとは思うのですが、

 

 

やはり、食べることだけに熱中しているというところが、魅力なのでは…

 

 

と思います。

 

 

 

 

 

私の場合、ながら食べなんですよね。

 

 

テレビを見ながらとか、パソコン見ながら、本を読みながら

 

 

なんて日常茶飯事。

 

 

食べてはいるけど、意識は別のところへぶっ飛んでいます。

 

 

全く、食べ物に向き合っていないのです。

 

 

 

それでは、食べ物がかわいそう。

 

 

テレビやパソコンや本にも失礼ですね。

 

 

「今を生きる」を励行したいなら、目の前のものに集中することが不可欠。

 

 

日ごろの行動を改めたいと思います。

 

 

 

 

片付けも、「今を生きる」がテーマですからね。

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

06日

人生は決まっている

月
続きを読む 0 コメント

2013年

7月

30日

星の王子さま

 

 

部屋にはその人の内面(心理状態)が現れる

 

  

これは、精神医学的にも体験的に言われているようですが、

  

 

心理状態のみならず、その人の価値観や性格や好みってのも部屋に出ますよね。

  

 

中でも本棚は、その人を理解するのにとても有効でしょう。

  

 

今、何に興味を持っているのか?

 

  

何を勉強しているのか?

 

  

好きな小説家は誰なのか?

  

 

本のタイトルから、その人が大事にしている思想や価値観も見えてきます。

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

22日

陰陽五行

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

17日

思い切ってやめたら、案外大丈夫だったもの

 

 

読売新聞 YOMIURI ONLINE 発言小町のトピ「思い切ってやめたら、案外大丈夫だったもの」

 

 

のレスを読んでいたら、私もいろいろやめたくなってきました。

 

 

タバコをやめた、仕事をやめた、年賀状をやめた、高級化粧品やめた などなど

 

 

その中でも多いのが、シャンプーとリンスをやめた

 

 

です。

 

 

私も、今使っているのがなくなったら、やめようと思います。

 

 

 

このトピ、CMや世間の常識に踊らされてたことに気づけて、面白いですよ。

 

 

よかったら見てね。

 

↓ 

 

YOMIURI ONLINE 発言小町

 

 

 

ちなみに、以前から私がやめてたモノは

 

 

 

新聞

 

ドライヤー

 

アイロン

 

美容院(自分でカットしてます)

 

バスタオル

 

電子レンジ

 

年賀状

 

冷蔵庫

 

テレビ

 

炊飯器

 

タオルケット(代わりに掛け布団のシーツ使用)

 

料理

 

 

バスマット

 

心配

 

頑張ること

 

 

 

 

 

というところでしょうか。

 

 

 

 

 

もっと、やることや持ちモノを減らして、シンプルに暮らしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む 2 コメント

2013年

7月

16日

スナフキンから学ぶ(7)

 

 

 

僕のものではないよ、だけど僕が見ている間は 僕のものなのかもね

 

 

 

 

 

 

自分に所有権がなくたって、それがどこかで存在しているというだけで満足できるといいね。mono

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

15日

運命って…

JRジパング倶楽部

 

 

 

ジパング倶楽部とは、JRグループ旅客が高齢者を対象とする会員組織の発行する会報誌です。

 

 

 

 

今年の5月から、この会報誌の1コーナーを担当することになったスケッチ画の関本紀美子さん。

 

 

 

私のお友達でありお客さまでもあるのですが、

 

 

 

私と出会う前から、ガラクタを手放す作業をされていて、

 

 

 

大きな家具を含めたたくさんの荷物を処分したそうです。

 

 

 

モノが減り、日に焼けて家具の跡のついた壁紙があらわになった部屋を

 

 

 

どうしたらいいのか悩んでいる時に、私と出会い、

 

 

 

すぐに部屋についてのご相談をいただという次第です。

 

 

 

 

 

 

期せずして、片付けを始めた時期と彼女の人生の転機は重なっていたようで、

 

 

 

それは、まだ、続いているんだなということは、会うたびに感じます。

 

 

 

 

自分が、作家として生きていくなんて夢にも思っていなかった時から、

 

 

 

今や、個展を開けば作品が売れ、各地のカルチャーセンターの講師を務め、

 

 

 

『フランススケッチ画の旅』の企画まで旅行会社から申し込まれる立場に…。

 

 

 

 

さらには、

 

 

 

1年前、彼女がフランスへスケッチの一人旅に初めて行った時、

 

 

 

フランスで有名なお花屋さんでスケッチをしていたら、

 

 

 

オーナーから「その絵葉書を売りたいから、完成したら連絡が欲しい」とオファーがあったそうです。

 

 

 

この話を聞いた私は「世界の関本になるに違いない!(今のうちサインをもらっておこう!)」

 

 

 

 

と個人的に期待しているところです。

 

 

 

 

 

 

 

今、彼女のマンションはリフォームの業者を入れて大改装中。

 

 

 

 

「業者さんが入る前に、モノを減らして整理してたのでホントよかった…」と言っていただきました。

 

 

 

 

改装が終了したら、またmonoの出番と言うことで、非常に楽しみにしております。

 

 

 

 

そして、部屋と同時に彼女の人生も大躍進は続いています。

 

 

 

 

彼女の人生をさらに飛躍させるためにも、

 

 

 

 

彼女が夢に描くアトリエになるように私も頑張りたいと思う昨夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

7月

14日

鍼灸院に通ってます

IRIS鍼灸

 

 

 

風水と鍼灸は、つながっているのですよ。

 

 

 

元となっているのは、中国思想の陰陽五行。

 

 

 

宇宙のすべては、エネルギーでできている。

 

 

 

人体の中を流れる生命エネルギーも「気」の流れであるし、

 

 

 

物質的な形態をとっているものも「気」であると考えています。

 

 

 

それらのエネルギーの質を陰と陽と五行(木・火・土・金・水)で説明しているわけです。

 

 

 

 

で、身体のツボ(経穴)は、風水では龍穴。

 

 

 

経絡は、龍脈にあたります。

 

 

 

床や廊下や階段は、人体で言うと血管にあたるところなので、

 

 

 

気(血液)が流れやすくするためにも、床(血管)に障害物を置いてはいけない

 

 

 

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

 【茶話会やってます

    ~テーマ~

  「モノと心・部屋と心」

場 所 代田橋駅周辺(自宅)

時 間 13:30~15:30

参加費 500円

定 員 3名

かたづけに興味のある方

人と交流したい方

自己理解を深めたい方 

ゆる~い感じでやってます。

 

 

 

 

~モノとこころと身体と環境~

 

ピンクのウニ画像

もっと少なく

もっとシンプルに

もっと自由を