公園ゾウの滑り台画像

あるおばあちゃんの話

 

3.11の震災を経験した一人暮らしのおばあちゃん。

 

その日も一人で部屋にいました。

大きな揺れは、重たい電化製品さえも、

真横に飛ばすほど恐ろしいものでした。

 

幸い、命にかかわるほどのけがをすることなく、

今でも元気でいらっしゃるのですが、震災直後の

飛び交った荷物でぐちゃぐちゃになった部屋を前にして、

途方にくれていたおばあちゃんが思ったことは、

 

『荷物を減らそう』

 

でした。

 

荷物に押しつぶされて死んでしまう

そんな思いは、もう経験したくない!

 

おばあちゃんの切実な思いが、ある人と出会わせ、

ガラクタを手放すことができました。

 

お年寄りの方が長年溜めこんできた荷物を

手放す作業は体力的にも大変だったでしょう。

 

また、

たくさんのモノには思い出もいっぱい詰まっていて、

それらを手放すことは心理的にも辛かったかもしれません。

 

 

でも、

荷物が減り、部屋がすっきりと片付くと、

家にお友達を招待できるようになり、

人との交流がますます活発になったことを

とてもよろこんでおられたそうです。

 

 

広い空間に花を飾る楽しみを覚えたおばあちゃんは、

 

「人生が変わった!」

 

と目をキラキラさせながら話してくれました。

 

 

 

寂しさや孤独を紛らわすために

モノを周りに置いておく人はたくさんいます。

 

でも、モノを手放した方が孤独から解放されるんですね。

 

おばあちゃんが、身をもって教えてくれた気がします。

 

 

           mono    

 

 

公園ゾウの滑り台画像

 【茶話会やってます

    ~テーマ~

  「モノと心・部屋と心」

場 所 代田橋駅周辺(自宅)

時 間 13:30~15:30

参加費 500円

定 員 3名

かたづけに興味のある方

人と交流したい方

自己理解を深めたい方 

ゆる~い感じでやってます。

 

 

 

 

~モノとこころと身体と環境~

 

ピンクのウニ画像

もっと少なく

もっとシンプルに

もっと自由を